沿革
  会社・事業について 製品・技術について
昭和62年 日本サイエンティフィック(株)設立 発煙硝酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PA101*』発売
平成元年 真空オーブン『サーモバック VTシリーズ』発売(VT210*、220*、230*、240*) 
平成2年 IC用ドライエッチング装置『RIEシステム ES301』発売
発煙硝酸・混酸タイプ『プラスチックモールドオープナーPA102*』発売
平成3年 シンガポールオフィス開設 発煙硝酸・混酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PA103*』発売
平成5年 ウエハ対応ドライエッチング装置『RIEシステム ES401*』発売
ファインプロセスLSI対応ドライエッチング装置『RIEシステム ES371*』発売
平成6年 EDlab発足 受託開封サービス開始
平成7年 『オートマチックI/Oテスティングシステム FB101*』発売
平成9年 『液晶用温度コントローラー FC101*』発売
『LCビューワーFC201』について東京都中小企業新製品・新技術開発助成金交付決定
平成10年 『LCビューワー FC201*』発売
発煙硝酸、発煙硫酸、自動混酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PS101*』発売
平成11年 ダイナミック・バーン・イン装置『BR101*』発売
『故障解析用テスター FA201*』発売
平成12年 政府系ベンチャーキャピタルの新規事業投資第一号に認定 ダイナミック・バーン・イン装置『BR201*』発売
高速オートマチックI/Oテスティングシステム『FB102』発売
平成13年 ダイナミック・バーン・イン装置『BR301*』発表
平成15年 カーブトレーサー『FB200』発売
平成16年 ドライ開封装置『ドライディキャッパー ES312』発売
IC開封前処理用『マイクロルーター PE101*』発売
平成18年 高機能IC裏面研磨装置『BA101』発売
発煙硝酸、発煙硫酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PS102S*』発売
発煙硝酸、発煙硫酸、自動混酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PS102W*』発売
平成19年 板橋製品技術大賞最優秀賞受賞『ICプラスチックモールド開封装置』
平成20年 ファインプロセスLSI対応ドライエッチング装置『RIEシステム ES372*』発売
平成21年 レーザーIC開封装置『レーザーオープナー PL101』発売
平成22年 レーザーIC開封装置『レーザーオープナー PL121』発売
発煙硝酸、発煙硫酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PS103S』発売
平成24年 本社を板橋区新河岸に移転
シンガポールオフィスを子会社化する
平成25年 故障解析用ドライエッチング装置『RIEシステム ES373』発売
発煙硝酸、発煙硫酸、自動混酸タイプ『プラスチックモールドオープナー PS105』発売
レーザーIC開封機『レーザーオープナーPL iシリーズ』発売
平成27年 ウエハ対応ドライエッチング装置『RIEシステム ES403』発売
*販売終了